― 山本新栄橋作業所 ―

[工事名]
社会資本整備総合交付金事業 山本小野津幌川沿線山本新栄橋架換ほか工事

【工事概要】

[橋梁新設]
・橋長14.5m 幅員19.55m
・上部工(単純PC中空床版桁)L=14.4m
・下部工(逆T式)2基
・基礎工(中堀鋼管杭φ800)L=18.0m 22本
・地盤改良工(中層混合処理)440m3
・仮設工 一式
・橋梁上・下部撤去工 一式

[排水工]
・樋門工(簡易型柔構造形式)設置・撤去工 一式
・護岸工 一式
・排水構造物工 一式

[道路改良]
・工事延長 100m 道路幅員 7.5m(車道5.5m+歩道2.0m)
・土工310m3
・車道路盤工(t=30cm)400m2 車道舗装工(t=8cm)400m2
・車道路盤工(t=95cm)140m2 車道舗装工(t=15cm)140m2
・歩道路盤工(t=27cm)160m2 歩道舗装工(As舗装t=3cm)160m2
・地盤改良工(浅層改良)400m2
・地盤改良工(深層混合処理φ1,000mm)L=4.5m 260本
・縁石工 一式
・防護柵工 一式
・排水構造物工 一式

【工事場所】

・札幌市厚別区厚別町山本1066番ほか

【工期】

・2022年5月16日~2024年2月5日

5月末現場進捗状況

工事全体の進捗率は1.1%となっております。

5月の進捗状況
・5月16日 工期開始

6月の施工予定
・6月6日~ 工事事務所設置、工事名標示板設置
・6月13日~ 現場内調査

 

工事受注

 この度、札幌市建設局発注による山本新栄橋架換工事を施工することとなりました。山本地区には、厚別水再生プラザや山本地区雪堆積場など、大規模な公共施設が多く配置されており、今後、厚別山本公園が整備されると、当地区周辺の交通量が増加することが予測されます。一方で、山本地区と市街地を結ぶ道路は山本線に限られており、交通混雑が発生している状況です。また、バス路線であることや、雪処理施設が集中していることにより、大型車の交通量が多く、特に冬季間は大変混雑しています。そこで、交通量の分散による山本線の混雑解消と厚別山本公園などの大規模施設へのアクセス性の向上を目的として、新しく道路を新設することとなっております。

 当現場といたしましては、誘導員の配置及び車両運搬路における徐行運転を徹底し、安全管理には十分に注意を払ってまいります。工事による通行止めによりご近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなりますが、ご近隣の皆様のご理解を得て工事の早期完成を目標として工事担当者一同努力する所存でおりますので皆様のご協力を心からお願い申し上げます。