環境美化活動

2019年4月1日 まち美化プログラム

2014年から制度がスタートした「まち美化プログラム」ですが、今年で5年目になりました。

毎年、第1回目に行う清掃活動は本町小学校及び東栄中学校の入学式の前に清掃を行います。

清掃前

清掃前

冬の間に撒いた滑り止めの砂や、雪に埋まっていたゴミが目立ちます。

清掃中

清掃中

竹ぼうき等を使って道路脇の細かな砂もしかっり集めます。

清掃で集めたゴミを分別し、作業終了です。

約半日でこれだけの量となりました。

清掃後

清掃後

清掃後はとても綺麗になりました。

4月から11月までの間は毎月行い、東区の環境美化のため活動を続けていきます。

2017年10月21日 まち美化&公園清掃

10月21日恒例のまち美化活動行ってまいりました^^

 

道路のゴミは先月よりも少なく感じました!ゴミとして一番多いのはタバコの吸い殻なんでよね……近隣には小学校と中学校もあるのでマナーを守ってもらいたいです。

 

公園清掃ですが、落ち葉をかき分けながらゴミ拾いとなりました。

今年のボランティアは来月で終わりますが、雪が降らなければと願っています。

 

以下の写真は当日ようすです

 

 

 

 

2017年8月25日 まち美化プログラム

今月も恒例行事となったまち美化プログラム&公園清掃ボランティア実践してまいりました!

清掃作業開始前から降っていた雨も止みましたが、雨で濡れたゴミって非常に取りずらいんですよこれが・・・・・(^_^;)

そんな要因もあるのかいつもより少々時間がかかったような感じがします。

公園清掃においては先月よりもゴミが多く、ここ最近ゴミが増えてきているような気がします。なんか悲しいですね・・・。

※ 以下の写真は当日のようすです

 

 

 

※ 雁来公園にてのゴミ拾いの様子です

 

 

 

 

 

2017年6月17日 まち美化プログラム

 6月17日(土)、東区まち美化プログラムと公園ボランティアの取り組みとして、札刑通の歩道と雁来公園の清掃を行いました。

 

 ボランティア実施の日は札刑通にある本町小学校グラウンドで、近隣にある「ふしこ幼稚園」の運動会が実施されていました^^
子供たちの為にもキレイな街づくりを目指していきたいですね。

 

 

※ 札刑通にて

 

 

※ 雁来公園にて

2017年5月30日 まち美化プログラム

5月30日(ゴミゼロの日)にあわせて、毎月実施している東区まち美化プログラムと公園ボランティアを行いました。

今回は10名が参加し、札刑通と雁来公園のゴミ拾いを行いました。

 

 

※ 札刑通にて

 

※ 雁来公園にて

 

社会貢献活動

2019年6月5日 ソーラー式電波時計を設置

弊社の創立65周年事業として2017年にソーラー式電波時計(18基) を東区内の公園に寄贈するという事業を行いましたが、 地域の皆様からの反響もあり継続して寄贈を行うこととなり、 今年で3年目(合計28基)となりました。

今年度は「北40条東公園」「栄ヶ丘公園」「元町公園」 「つくし公園」「烈々布公園」の計5公園に寄贈することになり、 6月5日に設置致しました。

(「元町公園」は公園リフレッシュ整備後の取付。)

2019年3月18日 東区長へ

設置時はあいにくの雨でした。

高所作業所を使用しての作業

設置完了

2019年5月7日 交通安全啓発運動参加

5月7日苗穂の各町内会が合同で毎年実施している交通安全啓発運動「旗波作戦」に当社から13人が参加。

北13条通の三角点通交差点から北7条東12丁目のアリオ付近まで各町内会が分担して、該当啓発を実施しました。

啓発運動には、東区長と東警察署長が激励に訪れ、参加者にねぎらいの言葉を掛けていだだきました。

きました。

2019年2月10日 北郷札幌幼稚園排雪ボランティア

2月10日、北郷札幌幼稚園の排雪ボランティアを行いました。

北郷札幌幼稚園の排雪ボランティアを行うようになって5年目になります。

ここ数年は3月上旬の卒園式前に行っていましたが、駐車スペースが厳しくなってきているとのことで2月にも実施しました。

2019年1月23日 札幌医科大学付属病院、市立札幌病院へ車椅子寄贈

1月23日に車いす1台を札幌医大付属病院に寄贈しました。

2010年から当社は、資源ごみをポイント化して物品と交換するマテックのリサイクル事業を活用し、社員の家庭を含め全体的な協力を得て古紙・空き缶・ペットボトルの回収に取り組んでおります。

2018年2月15日 電波時計札幌市へ寄贈

去る2月15日、東区内の公園に設置する電波時計を5基寄贈しました。

すでに昨年当社の65周年を記念した事業として時計18基を設置し、地元町内会から感謝のお言葉を頂いております。

車椅子の寄贈と同時にこの事業を進めることで、当社のCSR活動の一環として地域貢献に取り組んでおります。

 

 

※電波時計寄贈の様子

 

※感謝状の授与

BCP(事業継続計画)

計画の趣旨

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)は、地震・台風・水害などの自然災害、感染症、事故、事件等で当社社員やその家族、社屋、設備、施工中の現場、協力会社などに相当の被害を受けても、業務を中断しないように、例え中断しても、出来る限り早期に復旧にあたることを重要事項とします。
当社は、札幌市に拠点をもつ建設企業として、災害、事故等が発生した場合、できる限り地域の救助、復旧活動に当たるなど、地域への貢献を行うため、さらに、継続的に改善を行っていくことにより、当社の事業継続力を高めてまいります。

基本方針

生命・身体の安全の優先
地域の建設企業としての救助、復旧活動への尽力
二次災害の発生防止等、地域・関係者の安全確保を図る
自社施工物件の復旧の支援